MUSICHEART DIARY

multics.exblog.jp
ブログトップ

The Elvis Brothers - Movin' Up (1983)

e0133591_14522617.jpg

 エルヴィス・ブラザーズと言っても、(あまりにストレートなネーミングなので)本当の兄弟ではない、というのはすぐにわかると思います(笑)。

 この人たちも記憶のずっと片隅、80年代の前半に、雑誌の広告と、兄貴が(おそらく。自信がない)持ってたカセットテープの数曲ぐらいをうっすらと覚えていた程度でした。

The Elvis Brothers - Movin' Up


実に好みのポップロックです。古き良きアメリカンポップの・・・という表現もありきたりかも知れませんが、軽やかで、オーソドックスで、爽やかなコーラスが盛り上げてくれるという。普遍的なポップ。


 これがまた、どこでどう過去の記憶と繋がるかというのも奇妙なものでして。もう10何年前ですか、パワーポップ系の某ファンジンで、ビッグ・ハローというイリノイ州シャンペーンのバンドのインタビューが載ってたんですね。

Big Hello - Oh no Oh no



 それで、そこのドラマーのブラッド・スティークリーという人が元々スクリームスというチープトリック的な(割とハードな)パワーポップバンドのメンバーだったことを知りまして。

Screams - Paper Dolls


 で、スティークリー氏がその後結成したのが上記のエルヴィス・ブラザーズだったと、その時初めて知りまして、高校生の頃の記憶と繋がったんですよね。あぁいたいたそんな人達、と。ちなみにそこでは彼はブラッド・エルヴィスと名乗ってました。

 エルヴィス・ブラサーズって、見た目とネーミングから、何となくストレイキャッツとエヴァリーブラザーズの中間あたりのようなイメージを昔から勝手に持ってたのですが、それが、こないだパワーポップを色々挙げたときに、 同時に、何とはなしに世間一般のパワーポップ的な音でイメージされない80年代アメリカのバンドもぼんやり聴いていて、そういえば、両方に繋がるバンドっていたやないの、とフラッシュバックしたのが、誰あろう彼らエルヴィス・ブラザーズでした。


 さらに余談ですが、その時他に聴いてたのはランク&ファイル、デル・フェゴス、ドリーム・シンジケート、グリーン・オン・レッド、ロング・ライダーズなど。・・・本当にアメリカはバンドが多いですね。州ごとに聴いても、時代ごとに聴いても、ある種のジャンルごとに聴いても聴き切れないほど沢山のロックバンドがいましたね(おそらく今も)。



 エルヴィス・ブラザーズに戻りますと、改めて実に80年代アメリカらしいポップロックで、このスティークリー氏が関わったバンドの作品の中では一番好きですね。

これも同じアルバム"Movin'Up"より。

The Elvis Brothers ~ Red Dress




 スティークリー氏の足跡を追いますと、エルヴィス・ブラザーズ解散後、上述のビッグハローで3枚アルバムをリリース。現在はまた新しいバンドThe Handcuffsで活動中のようです。彼はまたあのロマンティクスのドラマーでもあるらしいです。誠に精力的な活動ぶり。

The Handcuffs - Can't Get The Girl (Without The Good Stuff, Baby)


ビッグハロー同様女性Voをフィーチャーしたバンドです。
[PR]
by penelox2 | 2015-04-11 00:05 | E