MUSICHEART DIARY

multics.exblog.jp
ブログトップ

The Passions - I'm In Love With A German Film Star (1981)



e0133591_230164.jpg



 The Passions(ザ・パッションズ)は、ロンドンはシェパーズブッシュを拠点に78年~83年にかけて活動した、New Wave/ポストパンク系に括られる人たちです。私は彼らが活動してる頃は全く知りませんでしたので、今ちょっとずつ聴いては、彼らの全体像を掴もうとしている、という段階です。


 最大の特色はバーバラ・ゴーガン(Vo/G)の内省的な歌声と、リヴァーヴを多用したクライヴ・ティンパリーのギターサウンド。ということになるでしょうか。ティンパリーは、The Clashのジョー・ストラマーが在籍したことで知られるThe 101ersのメンバーだったそうで。でもThe 101ersって、時代もありますがこんなギターサウンドではなかったですよね。ですから、このバンドに加入して形成して行ったギターサウンドなんでしょうね。


e0133591_2303334.jpg



 "Michael & Miranda"(1980)、"Thirty Thousand Feet Over China"(1981)、"Sanctuary"(1982)と3枚リリースしたアルバムで、最後まで在籍したのはゴーガンですので、彼女の求める世界を核としたバンドだったと言えるでしょうか。上に挙げたのは2ndアルバムより、UKチャート25位まで上昇したシングルです。もっともチャート的に成功したこの曲が、現在まで代表曲として知られることとなりました。


e0133591_2305094.jpg



The Passions - I'm in Love with a German Film Star (Top Of the Pops)



 雰囲気のある声が穏やかに、美しいメロディーを淡々と紡ぎます。あまりドラマチックに展開しないのが味があって良いですね。ギターサウンドはポストパンク勢のなかでも特にネオサイケデリック的と呼べそうなもので、それらが一体になって繊細で透明な世界を形成しています。コクトーツインズに通ずるものもありますね。

 今ならシューゲイザーとか、ドリーム・ポップと括られるような幻想的な音楽が好きな方にもお薦めかも知れません。個人的には、むしろ現代の方がこういう音を出すバンドは多いような気もするぐらい、昔の音という感じがしないです。興味津々で聴いて行ってるところです。


 同じ2ndアルバムからの他の楽曲を聴きますと、自分達のスタイルを貫きつつ、単調にならないように変化をつけているのだろうなと感じます。こういうタイプの音楽を「普遍的」という言葉で形容するのは相応しいのかはわかりませんが、特定の時代に留まるアレンジにはなってませんね。やはり、作られた1981年から30何年も経ってるのが信じられなくなります。


The Passions - Runaway



The Passions - The Square



 キュアーで知られるFiction Recordsから出してたというのもまた興味深いです。日本盤は当時出てなかったような気がしますが、どうでしょうか。今回は2ndアルバムの曲ばかりでしたが、また他のアルバムの曲についても、いずれ書いてみたいです。
[PR]
by penelox2 | 2015-04-14 23:13 | P