MUSICHEART DIARY

multics.exblog.jp
ブログトップ

The Ultimate Collection - Martha Reeves & The Vandellas (1998)

 私が敢えて強調するまでもなく、ロック史に惨然と輝くデトロイトのモータウン・レコードの功績。そのある側面を象徴しているのはもちろん華やかなガール・グループ。 のちダイアナ・ロス率いるシュープリームスに主役の座を奪われたとは言え、モータウンのみならず、当時のガール・グループのトップのひとつとして君臨したのがこのマーサ・リーブス&ザ・ヴァンデラス。個人的にはThe WhoやThe Jamによるカヴァー"Heat Wave"が大変懐かしい人達。

e0133591_10564194.gif

 学生時代にアネット、ロザリンドらとともにグループを結成、既にDel-Phisとしてシングルもリリースしていたマーサ、もともとはモータウンに秘書として入社。が、同レーベルのシンガー、メアリー・ウェルズが録音をすっぽかしたのをきっかけにモータウンからのデビューのチャンスをつかみ、その後は多少メンバーチェンジを重ねつつ、上記の名曲"Heat Wave"を筆頭に"Quicksand"、"Dancing In the Street"、"Nowhere To Run "、"Jimmy Mack"といった名曲の数々を1972年の解散まで送りだして行きました。途中登場したシュープリームスへの会社(ベリー・ゴーディー)の強い肩入れゆえに、華やかな時代はそれ程長くは続きませんでしたが、マーサのソウルフルなボーカルスタイルと素晴らしい曲たちが忘れられることは永遠にないでしょう。どの時代でもカヴァーしリスペクトする人々はきっと後を経たない...その座につけるアーティストはほんの一握りなのです。なお彼女達(そしてマーサ自身)今なお活動を続けています。こちらがマーサのオフィシャルサイト。

Heat Wave

Jimmy Mack
[PR]
by penelox2 | 2008-02-11 10:58 | R